<アイリンブループロジェクトについて>
2011年3月11日。津波と火災で被災した幼稚園バス。佐藤愛梨ちゃん(当時6)ら、そのバスに乗るはずではなかった5人の子どもたちが亡くなりました。
2015年5月27日。バスが被災した場所に白いお花が咲いていました。芸術家のすがわらじゅんいちさんが、お花を切り花として一輪だけ持ち帰りました。しかし切り花ですから、やがて枯れてしまいました。被災場所もかさ上げ工事で埋められてしまいました。
数ヶ月後、枯れたはずの花の周りから芽が出たのです。この花は愛梨ちゃんの名前から「あいりちゃん」という名前がつけられました。アイリンブループロジェクトはこの花を沢山増やし、全国で育てることで、震災の風化を防ぎ、命の大切さを伝えるものです。

このブログは、そのプロジェクト実施場所の一つ、仙台市泉区の三島学園東北生活文化大学・高校内にある花壇の様子と、私個人の日記を投稿するものです。どうぞよろしくお願いいたします。
2017年8月20日 管理人 プニプニ
2018年2月6日 一部変更
2018年8月1日 新ブログに移転・一部変更

3/11、祈。



今日の記事は、個人的に思った事を書かせて頂きます。気分を害された方がいらっしゃいましたら申し訳ありません。

今年もこの日がやってきました。
これを書いている午後1時半…あの日の私はお昼ご飯を食べ終わった頃でしょうか。それとも午後にすべき事をこなしていた頃でしょうか。
それぞれにとっての一週間の終わり……午後が終われば土日を迎えるはずでした。
内陸の人も、沿岸部の人も、遠い地方の人も平等に。

平成23年3月11日午後2時46分。誰もが知っている東北地方太平洋沖地震の発生した時です。
地震。ダム決壊。津波。火災。原発事故。人災。
内陸部においても物流や交通が寸断され、また揺れや土砂災害等による被害で多くの人が大変な日々を迎えました。
沿岸部を大津波が襲い、多くの日常が奪われました。
原発事故はいまだに解決していません。

震災はあの瞬間に起きたのではありません。あの瞬間から起きたのです。
復興は確実に進んでいます。しかし震災は終わることはありません。失われたものは戻って来ないからです。
震災後生まれの子も8歳になります。今も震災が続いている地域もある中、あの日を伝えていく事が大事だと思っています。

あの日は停電で満天の星空でした。不気味なぐらい星が光っていました。
今夜、一つでも星が見えますように。仙台は雨で肌寒い日です。
あなたは今夜の星に何を願いますか。

最後に、あの震災で亡くなられた方々が安らかに休まれますように。

2019年 3月11日 「今日のお花」管理人 プニプニ
    more»

このエントリーをはてなブックマークに追加 

Powered by FC2 Blog

© 2017今日のお花All Rights Reserved.
当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。